スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比率1:1の正方形写真 

正方形写真。

tiku1.jpg


tiku2.jpg


tiku3.jpg


tiku41.jpg

tiku5.jpg


◆身近になった1:1◆

スマートフォンのカメラアプリで 「Instagram」(インスタグラム)というものがあります。
LINE・Twitterと並んで利用者が多く、知名度は高め。

このアプリで出来ることは
 1.写真の撮影
 2.撮影した写真や画像ファイルの加工や補正
 3.写真を軸に検索や交流が出来るSNS機能 (本来これがメインだけど使っても使わなくてもいい)
大体この3つ。

今回は正方形写真の話を書きたいので、3には触れません。

さて、ここからが本題です。
このアプリで扱う写真の特徴は「比率が1:1=正方形」です。
普通のデジカメの3:4や一眼レフカメラの2:3の比率に慣れていると、
正方形は単調に見えるというか、少し馴染みづらい。
またボタン一つで適用できる加工フィルタが多数用意されているので、
人工的な加工の写真が苦手な人は「写真としてはどうなの?」と感じてしまう・・・

しかし、普通の写真と比べるのが間違いで、これは別の物だと思うと受け入れやすい。
新しい日常写真の楽しみ方の一つとして色々試してみることにしました。気が向いた時だけ。


◆トリミングで作ってみようとしたが◆

友人が撮った正方形写真は〝ちょっとオシャレな感じ”に見えたし
日常の気軽な風景が、雰囲気のある感じに写っているのですが、
いざ自分が撮ろうとしたら壁にぶち当たった。
写真の良し悪しではなく、正方形写真を作ることが難しかった!

最初、スマホの中にある手持ちの写真を正方形にしてみたんだけど、
何枚か試した後に、花の写真で操作に詰まった。

ほら、花には茎や葉がある。咲いている花の部分だけを真正面から撮る時以外は、
写真で切り取れる枠の中に要素を収めるためにどうすればいいか考える。
つまり通常、花の写真を撮る時には構図を考えて撮るはず。

ところが撮ったものを後から正方形に切り出そうとすると再度構図を変えないといけない。
しかもすでに撮った画像から切り出すのはむずかしい。入れようと思った部分を切るしかなくなる。
この流れに違和感となんともいえない気持ちわるさがあって結局うまく出来なかった。

→トリミングで正方形にする方式は、自分には合わないとわかった。
(被写体が花のときに限るかもしれないけど)


◆花の要素◆

少々話がそれますが、
私が感じていることのひとつに”花の写真をたくさん撮る人は構図も素敵”というのがあって・・・、
漠然と感じていたことを文にしたのは今が初めてですが。
少なくとも私の周りの花の写真がうまい人は皆さん揃って構図も素敵なので、そう思うようになりました。

植物は多種多様。色々な花と向き合って撮ることで、
形のとらえ方・余白の使い方、さらに観察力が養われるんじゃないかー?

◆自分の感想まとめ◆

・たまに1:1で撮るとそれなりに楽しい。

・正方形写真を撮る時は、なるべく最初から1:1で撮る。
 (トリミングがダメとかじゃなくて、だれでも自分に合ったやり方で使えばいい。)

・漠然とした風景は普通に撮って後から切り取りでもいいかなー。
 (全てを1:1で撮るつもりはないし)

*おまけ*
アプリのアイコンはこれ。遠目にも分かる。
Multi-Color_Logo_thumbnail200.png

長くなりましたが終わります。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
ご意見ご感想、参考にしています。v-354
ブログ全然かけなくて、すみません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ykaoba.blog66.fc2.com/tb.php/397-2bd71871

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。