FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ 食べてみたいもの 

■宮崎県の郷土料理の「冷汁」(「冷や汁」)
食べたことがないので。どんな味なんだろう?
魚のすり身などを色々混ぜ合わせてある味噌のようなものを、水で溶いて、麦飯やご飯にかけて食べる、元々は保存食らしい。
今月号の、オルビスの冊子で紹介されていて、読んだら無性に気になってしまった。

スポンサーサイト

コメント

冷汁作成方法教えましょう

■準備するもの
 ・鯵の開き・煮干(いりこ)・豆腐・ゴマ・大葉・青ねぎ(我が家は韮も)・ミ  ョウガ・生姜・味噌・胡瓜・・・・かな~
  そうそう、胡瓜は丸切、ミョウガは千切りがいいかな!
■作成
 ・先ずは煮干で出汁をとります 大葉や野菜類を全てみじん切りにしま  す。豆腐は湯通しして数ミリ角に切っておく。
 ・煮干と鯵の開きを焼いて冷ましたものを、すり鉢にてすりこぎます。す  れたところで味噌を入れ再度すります。すり鉢に薄く延ばして貼り付  け、逆さにしてガスの弱火で直接焼き、香ばしさを出します。
 ・その後、冷やしただし汁を入れて適当な量にまで薄めます。しかし、   多少濃いめが良いですね。その後、刻んだ薬味全てを入れて出来上  がり。それを冷蔵庫で冷まします。これで完成。
  
  食べる際には、暖かいご飯に掛けて召し上がります。
  早速挑戦してみてください。ま、暑い真夏に食が進まない時には最高  ですよ!我が家で作った際には有料でご招待しますよ(ははは)

*確かにすり鉢逆さまは難しいですね!香ばしさを強めなくとも充分味わ えますので、この工程は外しても構いませんよ!その際、鯵の開きを  充分焦げ目が多少出来る程に焼きましょう。想像つきますね!我が家 は焼いた後に水分を飛ばす為、電子レンジで硬くなるように焼いてま  す。(出来た折には、ご連絡を?お邪魔します。わっははは)
 →そうそう、大き目の骨は取り除くのですよ!

http://www008.upp.so-net.ne.jp/ojisan/resipi.html

\(◎o◎)/!

>鉄ワン爺さんへ
うわー。なんと有難い。
こんなに詳しい作り方を教えていただけるとは!!
アジの開きと煮干しを買ってくれば作れるんですね。
ざっとレシピを読んでいて「すり鉢に薄く延ばして、逆さにして、ガスの火で直接焼く」の工程が難しそう。ここで焦がしちゃうと台無しですよね。(あと、耐熱ミトンを持った手が滑って落としそうです。)
近々トライしてみます。どうもありがとうございます。v-252

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ykaoba.blog66.fc2.com/tb.php/103-6439eca8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。