FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青葉・認知症フォーラム2016年10月 

2016年10月に青葉公会堂で「青葉・認知症フォーラム」という講演会が開催された。
医学の視点で認知症がどういうものなのか、原因が複数あること、単なる物忘れと病気の違いはなにか(記憶の欠落)、脳のMR画像を示しての説明や、資料が配布された。

第一部 講演
ninti1.jpg

第二部 ディスカッション
ninti2.jpg

ロビーの展示1 (横浜市や各団体のパンフレットの配布もあり)
ninti3.jpg

ロビーの展示2 (地域包括支援センター)
ninti4.jpg

おすすめトレーニングとして紹介されていたもの



1.「注意分割のトレーニング=複数のことを同時に →家事」 
 魚を焼きながらに物を作る、料理や掃除を同時進行する。
 ひとつのことを済ませてから次にうつるのではなく、同時におこなう。

2.「エピソード記憶のトレーニング=2日遅れで日記をつける」
 食べたものや買ったものの記録を二日後につける


↑これは若い人でも難易度が高いと思う。

スポンサーサイト

油彩の絵画 

2016年10月 目黒区。
通行する車も人も多い 賑やかな大通りから
右折して目黒川沿いの道に進むと、静かな道があります。

meguro1.jpg



meguro2.jpg



meguro3.jpg

しばらく歩いたり曲がったりすると
目黒区美術館 区民ギャラリーに到着しました


meguro4.jpg


階段を下り、地下一階の展示スペース。
この日は、
-------------
会期:2016(平成28)年10月5日(水)10:00~2016(平成28)年10月10日(月)15:00
ゲッスイトリエンナーレ’16
展示スペース:全面
「自らの表現を求めて」をスローガンに、油彩・水彩画等の絵画作品を発表します。

-------------
という絵画展が開催されていて、
その一角の、ある方の油彩が見たくて行ってきました。

meguro5.jpg

「風」をテーマにした作品群 (全体は写ってません。作品は左右の手前にもありました)

深く複雑な色あい。
重ねた色が生み出す厚みのある存在感。

☆下記サイトに作品リストが掲載されています。絵の写真を1枚ずつ見ることができます。
http://www.lares.dti.ne.jp/~iijima/
(10月17日現在、左から2つ目の 「風 No.18-21」 となっている箇所です。)

ぜひ、色を感じてみてください。

↓一部分ズームですが、久しぶりにこういう筆の流れを近くで見れて感動

meguro6.jpg


* * * 
しばらく絵を見て感じて、会場を後にする。




meguro7.jpg

出入り口のある1階。 雨のち晴れ。

先日の写真展に行ってきました 

写真展を見にいきました。

20140404tenji11.jpg
入口から入ると、つい立てが並んでいるのが見えます。
右は受付けで、開催した写真クラブのメンバーの方が3~4名ほど現場で待機し対応しているようでした。

20140404tenji2.jpg
受付を済ませて さっそく、ついたてを回ると写真が!
最初に飾ってある先生の写真のうち、船(港)の写真の中の黄色からはイラストのような印象も受けました。

20140404tenji5.jpg
3面ずつコの字型に展示されています。
展示方法やスペースの使い方の工夫を見ることが出来るのも展示会の愉しみのひとつ。

20140404tenji3.jpg
1人あたり1~3点の作品。
写真は、自分が見ていないものが写っている。他人が見たものを見せてもらえる。物理的(視覚的)なものだけじゃなく。
撮った人が撮りたかったものを感じたり、見ている自分自身の好みを知ることができたり。勉強になります。

20140404tenji4.jpg

ありがとうございました。

●前回の記事→ フォトクラブ「写彩」第2回写真展のご案内

フォトクラブ「写彩」第2回写真展のご案内(相模大野での開催) 

友人が所属しているクラブの写真展の案内をいただきました。
場所は相模大野です。少し遠いけど、春なので遠出も楽しいかも。皆さんもいかがですか?
ブログ掲載の許可をもらいました。載せます。下記。

--------------
フォトクラブ「写彩」第2回写真展
期間:平成26年3月30日(日)~4月5日(土)
会場:ユニコムプラザさがみはらギャラリー「ボーノ相模大野3F」
時間:9時30分~18時(初日は13時から、最終日は17時まで)



goannnai201403.jpg

------------
相模大野は私には馴染みがない駅なので、少し調べてみました。
ボーノ相模大野は2013年3月に出来たショッピングモールだそうです。
駅の周りにはビッグカメラや伊勢丹などもあるようです。
新横浜みたいな感じなのかな。それとも全然違うのか。行ってみれば分かりますね

☆田園都市線沿線からの行き方(自分用メモ)
■あざみ野 →田園都市線(11駅)→ ■中央林間→ 小田急江ノ島線(2駅)→ ■相模大野

[2012年4月開催] 第4回つるし雛展示会に行ってきました 

「山路千鶴子先生・つるし雛教室 第4回作品展示会」
最終日に見に行きました。(開催期間 2012年4月3日~4月8日)
今回の会場は、アートフォーラムあざみ野です。

20120408turusi8.jpg

入口付近に、今年の干支の辰が置いてありました。
珠を抱える龍のデザインが素敵です。
よく見ると(龍のひげとか)細かい部分に個性が出ています。

20120408turusi7.jpg

1つ1つの細工物に味があり、絹の質感や色合いは独特な優しさを持っています。

20120408turusi2.jpg

入口で「細工物のいわれ」というA4サイズ2枚組の配布物をもらいました。
細工物の意味やモチーフに込められている願いが表にまとめられているものです。
説明を読みながらつるし雛を見ていると、子供を思うお母さんの気持ち、
おめでたいことに対する日本人の意識、邪気を払い福を呼ぶ縁起担ぎの声が
ここにあるたくさんの色と混ざり合って存在しているような気がしてきました。

20120408turusi5_20120412034409.jpg

私の写真や文章ではこの空間のイメージは到底伝わらないので、
興味のある方・お近くの方は見に行かれることをお勧めします。
(今年はもう終わってしまいましたが!)

次回開催予定は、2013年3月5日~10日
会場は今回と同じアートフォーラムあざみ野、とのことです。


☆ Ellieさん、情報をありがとうございました!

つるし雛展示会に行ってきました(2) 

前の日記の続きです。

実物を見て感じるのが一番だと思うのでほんの少しだけご紹介させていただきます。

■手仕事の作品は表情が豊か。

ひとつひとつ違います。

たとえば亀。
同じ先生のもとで同じ物を作っても同じ作品はありません。

亀・1
kame1.jpg

亀・2
kame2.jpg

他には「金魚」も個性が出ていて愛らしかったのでこれから見に行く方は是非チェックしてください。

布は先生が組み合わせてキットにしてくれたものを使うことが出来るそうで、色合わせから悩まなくても大丈夫とのこと。もちろんご自分の布を使う方もいるそうです。
(全2回でお雛様を作る単発の講座も用意されていて人気だそうです。作品の実物が飾ってありました)


■思わず見とれる作品

usagi.jpg

↑これは先生作のウサギだそうです。

tori1_20100121004250.jpg

tori2_20100121004250.jpg

↑先生作の鳥
 布の色の組み合わせでとても上品なうぐいすに!!

  ※うちの庭でデコポンの実を狙って飛来する奴らとはまるで違いますね
  yatura.jpg
   同じ鳥のはずなのに・・・。


■針仕事の必需品
生徒さんたちは、1つ1つのパーツを手縫いで作ります。

針と糸といえば・・・・針に糸が通らない悩み・・・
そんな時にあると便利なアイテムを見せていただきました。
ずばり「糸通し」です! これがないと困るとおっしゃっていました。

itotoosi.jpg

・発売元 クロバー
・商品名 デスクスレダー らくらく糸通し

作品の説明も色々丁寧にしていただいた上に便利グッズも見せてくださって・・・
お教室の雰囲気もこんな感じで楽しいのだろうなあと想像できました。

こういう方々が住んでいる青葉区っていいですね!(←大きく出た)

展示開催期間は1月30日(土)まで。→詳細は16日の記事で。

つるし雛展示会を見てきました(1) 

1月16日の日記に書いた「つるし雛」展示会を見てきました。
会場はこの存在感のあるビルの中です。

toutaku2.jpg

toutaku.jpg
東拓!
建物左手前の階段を進んで入り口へ。

■入り口を入ると。

turusi2.jpg

廊下に展示されたたくさんのつるし雛。

turusi3.jpg

↑この丸から吊るされてつながっている複数のパーツあわせて1つの作品です。

turusi1.jpg

2列の中央に立つと色の洪水ですね。元は着物の布。華やかな和の色です。


☆オマケ ?????

turusi4.jpg

私達の他にも見にきている方が何人もいました。
その中で、赤ちゃんを抱いて連れてきている方が。
赤ちゃんはまだ小さいから覚えてないかもしれないけれど、
鮮やかな色の記憶は人生に影響するかもしれませんねー。

次の日記に続く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。