スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショーウィンドウの伝え方 

日本橋三越の外側

nihonbasi_2017070802201065b.jpg

遠目なのでわかりづらいでしょうけど
提灯の下に 縁台(木のベンチ)が設置してあって、そこに人が座って休むことによって”完成”する。
道行く人はそれほど気にしていない様子。道路の反対側から遠目に見たからなおさらそう感じられたのか。
作り物と現実がレイヤーでつながっているような(共存しているような)感じで面白いアイディアだと思いました。
2017年7月




スポンサーサイト

3両編成の「試運転」の電車 

densya1_20150129000353ff9.jpg

掲示板では回送扱いなのにホームの中ほどで止まってる車両があった
なんだろう?

densya2.jpg

写真では文字がつぶれていますが、先頭車両の上部には「試運転」と表示されています。
車体は綺麗めだけど新型車両という雰囲気は無い・・・・

そうこうしているうちに車両は出発して走り去った。
全体は撮れませんでしたが、発車した時に数えたら3両編成。
真ん中の車両だけ車体の色が違っていました。(側面にドラえもんの青みたいな色がついてた)

描かれている「7550」をもとに「7550系」のキーワードで調べた所、
デヤ7550は電気検測車。つまりこの車両は定期検査のための車両でした。


■東急電鉄サイト内 「線路を守る車両」
http://www.tokyu.co.jp/railway/data/train_info/train_guide2/

上記サイトの一番上に載っている「総合検測車」のようです。
”総合検測車は、高速軌道検測車と電気検測車で編成されています。高速軌道検測車は、通常の列車と同じ速度で走行しながら線路状態を測定し、補修が必要な線路を発見します。”

なお、定期検測は二カ月に一度行われているとの事。

densya3.jpg

鉄道の安全のためにある車両だったんだね。

電車やバスの中でベビーカーマークをよく見かけるようになった 

2015年1月
電車に乗った時にふと前を見ると

bebika1.jpg

bebika2.jpg

車椅子マークの下にベビーカーマークが貼られてる。
前からあった? 

・・・

バスに乗った時にも

bebika3.jpg

左右反転してるけど、ありました。

バスの場合は進行方向とは逆向きを前にして乗せないといけないから右向きのほうが分かりやすいのかな?

bebika4.jpg

公共交通機関にもベビーカーマークが増えてきているなと感じた次第です。

■ベビーカーマークについて
2014年の春に決まり、徐々に浸透しているらしい。
◆国土交通省が公開している ベビーカー利用に関する資料ファイル(PDF) 平成26年3月26日
 http://www.mlit.go.jp/common/001032830.pdf
上記資料25ページ~の「統一マークについて」の記載によれば、
JISで「ベビーカー禁止マーク」が先に存在しており、今回のマークはそれを基にして作られた とのこと。

歩道がない問題。塾のお迎えの車のエンジンかけっぱなし問題。 

青葉区の一部には、歩道がちゃんとしていない道があります。
そんな道を通る時は少々不機嫌に「このあたりには都市計画なんて無かったんだろう?」と思って歩いています。

今の時点で私は普通の速さで歩けますが、危ない道を徒歩で通るときは、車に対してビビリながら歩いています。歩道がしっかり整備されていない場所は不安なので、できれば通りたくないです。もっとずっと歩くのが遅い人は、さぞかし歩きにくいだろうな。(このへんは“都市計画があって作られた町”・都筑区に、完全に負けている点だと思う)

最近いやなのが山内図書館の裏の道。飛ばして走る車もけっこう多いんです。ここでは図書館に用事がある人の路上駐車をよく見かけます。そして、その横を通る車は片側に寄って走らないといけなくなり、中にはクラクションをブッブッブッブブーッブーッと鳴らす人もいて、殺伐とした空気が流れます。 その場面に出くわすと、あーあ、って感じになる。ゲッソリ。

今回の写真は、図書館からすぐのT字路から大きい道路に出る道までの短いルートを撮りました。
下に電車の線路が通っている「橋」、その先の道は右に「お墓」・左に「うかい亭」があります。どちらも動かせないのでしょうね・・・。 

20070810azaminosaka4.jpg 20070810azaminosaka5.jpg 20070810azaminosaka6.jpg 20070810azaminosaka7.jpg 
※写真をクリックすると、大きな画像サイズで表示されます。

あと、うかい亭は ハイヤーとかが停まるスペースを玄関前に確保してないから、店の前にタクシーがチカチカとハザードランプを点滅させながら長時間停まっている光景をたまに見かけます。大きな駐車場はあるけど、玄関前の道路は公道だよね。都内の立派なホテルのように、自分の敷地に車停車のスペースを設けるような設計にすればいいのに。これもなんか「考えなし」なんじゃないかと見かけるたびに感じる。

あと、もうこれは各地で見られるけど 塾帰りの「おむかえの車」。
アイドリングストップして静かに停車している車はまだいいけど、この前なんて、もう季節が涼しいからエアコン入れなくても大丈夫なのに、25分ぐらいずーっとエンジンかけっぱなしで排気ガス出して停まってる車が三分の一ぐらいいた。 (この日に見たのは、江田のユニクロからアンティカまでの道路ね。)
この人達、塾に行っている自分の子供が過ごす世界の空気とか地球の環境のこととか考えないのかな。エンジンぐらい止めてほしい。
国でキャンペーンするとか、地域の条例で規制かかればいいのに。

図書館の本に見る「モラルの低下」と、人の心 

今日は図書館の本の話です。
ここ数年でよく利用するようになった山内図書館。

200708shirokuro02.jpg 

本のページをめくっていると・・
フルカラーの本なのに突然 白黒ページが現れた。
200708shirokuro01.jpg 

「誰かがプリントをはさんだまま返却したのかな?」
しかし、引っ張っても紙は取れない。
よく見ると前後とページがつながってる・・・。
200708shirokuro03.jpg 

「これは!まさか!」

そうです、これは修復した跡だったんです。

「図書館の本の、特に料理レシピ本のページが切り取られる事件」
1年ぐらい前から頻発しているらしく、図書館内の張り紙でよく見かけ、実際に自分が借りた本が切り取られていて憤慨した覚えがあります。借りた本の前後がおかしくてよく見るとページが抜け落ちてて、さらによく見ると中央に切り取られたページの紙片が見えた時のショックは今でも忘れられません。

自分が欲しいページだけ、破り取ったり、もっとひどいのは“カッターで綺麗にカットして”ページを持ち去ってるんです。

図書館ではコピー機を用意して10円払えばコピー出来るようになっているんですよ。それなのに、なんであんなことするんだろう。カラーページが欲しかったのでしょうか。そんな人が近隣に住んでいると思うとガックリきます。

ところが、この本を見たときには、感動で頭が下がりました。あまりにもきちんと修繕されていたから。

200708shirokuro05.jpg 

たぶん市立図書館同士で所有する同じ本を借りてきて、抜け落ちてるページをコピーしてそれを製本の技術か何かできちんと直してある。

↓ページの中央もいかにも自然な開き方で、ストレス無く本が読める!モノクロページでなければ気付かないぐらい。

200708shirokuro04.jpg 

修繕された本が目の前で沈黙している。
こんなふうに心を揺さぶられることもあるんですね。
200708shirokuro07.jpg 

図書館の本と、図書館を運営する人達に敬意を払って、図書館の本を大切に活用したいと感じました。

ビルの上の電光掲示板(巨大ビジョン)の問題 

猛暑の夏の勢いで書きます。
200708azaminokoukoku01.jpg

あざみ野の住人なら「なんだあれ・・」と思った人が多いでしょう。例のアレ。
そう、志田文具の入っているビルの上についた電光掲示板の件です。正式には電光掲示板という表記は間違いで、人に話す時に通じやすいので巨大スクリーンとかの呼び方を使っていますが、「大型ビジョン」「LEDビジョン」というのが正解だそうです。アレ単体の正式名称は「あざみ野ASビジョン」

呼び方はさておき。

ああいうものを見てなんとも思わない人もいるのかもしれませんが、実際に私の周りからは不満の声を耳にすることが多いです。

映し出されている映像は、苦情を元に改善され、たしかに大元のパチンコ屋だけじゃなく商店街のお店の宣伝も半分ぐらいあります。内容もドギツイものはなくて緑などが映し出されていて映像だけ見たら悪くありません。だけど、だけどね、バランス的に「デカすぎる!!」これが最大の問題だと思います。 建物単体で見ても、サイズが合ってないじゃん・・・・(゚Д゚)

あざみ野駅前は「ビル街」でもないし、駅や車道から画面の位置が近すぎて、すごく迷惑。目障り。
川崎とか相模原とか小田原のような、ビルが多くてごちゃごちゃした駅ならまだいいけど、あざみ野には繁華街じみた要素は要らな?い。

周辺のマンション住まいの人はどうしているのでしょうか、あんなにチカチカした光が絶えず窓から入ってくるのでは、苦痛でノイローゼになりそうじゃない? かわいそう。

電車の車内のドアの上についた小さな広告画面や、ケーブルテレビで広告するならいい。どうしても宣伝したいなら、画面サイズを小さくして欲しい。

悪目立ちとはこのことだ。
200708azaminokoukoku02.jpg 
走ってるバスの背面より大きいッス・・
200708azaminokoukoku03.jpg 
この前記事に書いたPAULからの景観も損なわれた。
20070804poul4.jpg

■住民の動き
1.『横浜市 市民活力推進局 広聴相談課「市民の声」の公表(検索)』のページで確認。
http://cgi.city.yokohama.jp/shimin/kouchou/search/detail.html
↑キーワードに「あざみ野」と入れて検索すると、設置された2007年6月以降、LEDビジョンに対する不満や撤去の要望が出されていたことが分かる。
「景観を汚す」「異様です」「撤去を求めます」「何故許可をしたのか」「許可を取り消してください」等。

2.あざみ野不動産の質問掲示板
不満が苦情となって集まっている(しかし巨大LEDビジョン自体は不動産の物ではないようだ)
http://www.afkk.co.jp/cgi/combbs/combbs.cgi
「あざみ野駅前の大型ビジョンについては弊社は広告主でありまして、管理・運用しているのは株式会社アスヴェルジャパンですので、要望、質問等はそちらへ投稿お願い致します。」との事(引用)

200708azaminokoukoku04.jpg
住民からの不満が爆発する前に、どうにかしたほうがいいと思う。
せめてハーフサイズとか。

AED 

ショッピングセンター「ららぽーと横浜」には、
各階の中央(センターコート)にこういうものが設置されています。

200707aed.jpg

半年以上前にテレビの報道で流れたので存在は知っていましたが、普段行くような普通の場所で実物を見るのは初めてでした。

AED(体外除細動器)とは?

↑このサイトからの引用↓

「電気ショックは心室細動であれば、
どんなときでも成功するものではありません。

時間との勝負です。
一分一秒でも早く電気ショックを行うことが重要です。

電気ショックの成功率は成功の可能性が1分ごとに7?10%低下します。
日本では、救急車の到着まで平均約6分です。
グラフから見ると、6分時の成功率は40%です。」


自分はいざという時に、
AED使って人を助けることができるでしょうか。

ざわざわと絶えず声が聞こえて、人の行き交う空間の中に たたずむ、
この静かな白い箱は「危機管理の意識」を静かに語りかけています。

-----------
追記:2007年8月31日
AEDの設置場所はこのページで検索できます。
http://www.qqzaidan.jp/AED/aed.htm
この文章を書いた時点で、青葉区内で設置されているのは、たちばな台にある「城南住宅販売埼玉株式会社青葉台店」だけのようです。意外と少ない・・・? また、高速道路の足柄パーキングエリアでも見かけました。人が多い所から設置されるのでしょうね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。