スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1テラバイト 

たまにはパソコンの話。

年末にハードディスクが壊れ、パソコンが起動しなくなったため
とりあえず新しいハードディスクに替えてOSをインストールしました。
OSは Windows10 から7に戻しました。

ハードディスクは前よりも容量を大きくしたものの、
データがほぼ何も入っていないスカスカの状態です。
(ブックマークもすべて消えた)

●ブラウザー
なぜかFirefoxがセキュリティにひっかかり普通のサイトをまともに開けない状態になったので
IEのほかにOperaやSleipnirを入れて利用中。

スポンサーサイト

ブラウザ IE8のこと。 

私は 昔からInternetExplolerが好きではなく、
ここ数年 インターネットブラウザーソフトは Firefox を使っています。
(ホームページの表示確認や、一部、IEでしか正常に見られないサイトや、
 IEじゃないとログインできない場合があるのでその時は使う。)

さて、先月後半(2009年3月19日)に IE8の正式版がリリースされたのはご存知でしょうか?
ベータ版を使った友達の評判が良かったので、私は正式版まで待ってから さっそく使ってみました。笑。

結果!
うーん。これははっきり言って使いやすい。これまでのIEは 表示が遅い上に、多窓を開いて検索しまくってる時に落ちるのが最大の痛手でした。そういう部分が解消されていた。

★今回のオススメポイント!

1.描画が早い(表示が速い)・・・IE7までは他のブラウザに比べて段違いに遅かった。3倍ぐらい時間がかっていた。それが改善された。

2.飛躍的に安定している (ブラウザがフリーズしにくい)・・・XPで使うIE7は後半、不具合でエラー吐きまくりでした。

3.万が一終了してしまったとき、回復機能がある(前回終了時のセッションを復元)

4.セキュリティ面が強化されている(ActiveX関連など)

5.Googleクロームのシークレットモードと似た「InPrivate」モードに切り替えが出来る(タブごと)。これによってサイト閲覧時に発生する情報が閲覧側のパソコンに残りにくい。

6.互換モードがある。(IE6やIE7向けのサイトのなかで、IE8で正常表示できないサイトがもしあった場合は、アドレスバーの右の「互換表示」ボタンを押せば表示可能。)

◎やっと「使い物になるInteretExploler」になった感じがする。
 使ってみてすぐに違いが分かるぐらい、違います。
 今、InternetExploler6や7を使っている人は、新しいバージョンに切り替えるとHAPPYになれるでしょう。
・:*:・・:*・:*:・・:*:・・:*:・・:*:・*☆*・:*:・・:*:

09年4月のWindowsUpdate 

パソコンの動きがちょっと・・・?と思ったら、自動更新?
Windows Updateの今月の定期更新が4月15日でしたね。

■今回の更新内容 8件
(内訳: 緊急=5件、重要=2件、警告=1件)
(リモートでコードが実行される脆弱性を5件修正)

■やり方
>Office製品に関する修正プログラムについては「Office のアップデート」から
>Windowsに関する修正プログラムは「Windows Update」から適用


XPの人、面倒でもWindows Updateしましょう。

次回は5月13日(水)に提供予定だそうです。

シリコンディスク 

気になっていた“静音ノートパソコン”について調べていて、
静音という視点で見ると、「ハードディスク」に変わる「シリコンディスク」がかなり良いという情報を得た。

え・・・なんだっけ シリコンディスク・・・?

調べると 
ソリッドステートドライブ ・・・Solid State Drive ・・・ S S D

なんだSSDのことだったか!

『wikipediaの説明 Flash SSD』引用 -----------
Flash SSD(Flash Solid State Drive)とは記憶装置の種類の一つで、OSからはハードディスクドライブ(HDD)のように見えるフラッシュメモリであり、Solid State Drive(SSD。Solid State Diskとも)の一種である。

フラッシュメモリドライブ(フラッシュメモリディスク)、フラッシュドライブ(フラッシュディスク)、シリコンドライブ(シリコンディスク)など様々な名称で呼ばれ、USBメモリを指す場合もあれば、内蔵ハードディスクドライブを置き換える用途で使われるフラッシュメモリを指すこともある。ここでは後者(HDD代替)について述べる。

(中略)

利点
* 可動部品を持たないことから
o シーク動作や回転待ち時間などの時間的ロスが無く、特にランダム読み込み速度が速い。
o 書き込み耐性を除けばHDDよりも故障率が低い。
o 耐衝撃性が高い。読み書き中に振動させても壊れ難い。(1500Gまで対応している製品もある)
o 低消費電力・低発熱・静音である。
o 耐環境性が高い。HDDよりも高い環境温度まで対応している。(産業用では動作温度-60℃?95℃まで対応している製品もある)
o 軽量で薄型。
o 低エラー性。とくに、シークエラーが存在しない。

(以下略)

-----------引用ここまで
(続きは★『wikipediaの説明 Flash SSD』で読んでください。)

一部のネットブックに採用されているようです。
欠点も色々あるのですが、たしかにネットブックに向いてますね。

私はこれまでに「OSの起動が早い、衝撃に強い、消費電力が低い、容量が少ない」までは知っていたのですが、
「使用時の発熱にも強い」という利点がある一方で、「長期使用に伴う性能低下の問題」という欠点もあるとは知らなかった。

HDDかSSDどちらを搭載するかは、ネットブックを選ぼうとするときの条件になるのに、知らないことが多すぎだな。汗。

追記:
本屋で見出しを見て、興味がある内容なら買って読むようにしている PC情報誌「週刊アスキー」の今週号( 2009年4/28号)の記事↓

【特集】
MLCとSLCって何? 寿命になると読めない?
いまさら聞けないSSD超入門


うわー、今のわたしにピッタリ。笑

他に他に気になった特集

【特集】
PCの中に別のPCがっ!
「無料」仮想化ソフト完全攻略


毎週火曜日発売なのですが、忙しいとキヨスクすら覗かないから買い逃してしまう。
定期購読したほうがいいかもしれない・・でも読まずにたまると処分が大変だし・・・
★皆さんはパソコン情報をどこから仕入れていますか?読んでいる雑誌はありますか?

公式サイト URL紹介
週刊アスキー
http://ascii.asciimw.jp/books/magazines/wascii.shtml

「USB3.0」の話その2 

パソコン関連。
少し前にこのブログにUSB3.0の話題を載せましたが、
いよいよ情報が出始めました。

■ニュースから転載します
-----------------------
USB 3.0仕様が決定――転送速度は10倍に
11月18日13時49分配信 Computerworld.jp

 USB仕様の策定を進める標準化団体「USB Implementers Forum(USB-IF)」は11月17日、データ転送スピードを高速化した次世代のUSB規格「USB 3.0」の最終仕様を発表した。

 USB-IFの会長で米国Intelのシニア・テクノロジー・ストラテジストのジェフ・レイバンクラフト(Jeff Ravencraft)氏は、カリフォルニア州サンホゼ市で開催中されたイベント「SuperSpeed USB Developers Conference」においてUSB 3.0の仕様を発表した。「SuperSpeed USB」とも呼ばれる新規格では、デバイス間の転送スピードはUSB2.0の10倍近く高速化するという。
<中略>
しかし、イベント会場で実際に行われたデモでは、データ転送レートは約3Gbpsにとどまり、USB-IFが主張する最大スピードの5Gbpsを下回った。
------------------------

なぜ最大スピードが出なかったのか?
実際に製品化されたときにどうなるのか?
これからです。

USB 3.0に期待している 

今回はUSB2.0の次の規格の話を少し。

現行が1.1と2.0。この次の「USB3.0」が気になっています。

様々な周辺機器の接続に使われている規格「USB」
用語辞典→「USB」

2007年に Intel社が USB3.0概要と推進団体の設立を発表→2008年に仕様が決定→2009年後半以降、対応製品発売か・・・という流れです。

<USB 3.0のここがスゴイ・・ような気がする>

・USB 3.0は 2.0の10倍の通信速度!
・現行の USB2.0や1.1に対して「下位互換性」がある!
というスグレモノ

大雑把にたとえて言うなら「接続形式による情報移動速度がブロードバンド化」という感じなんじゃないでしょうか。そこまでではないか?笑 (1ギガを1秒で移動できるような感じです)

そしてこれだけUSBが普及している中で下位互換できるというのは強み。
(ただし、マウスなどのあまり情報量のない周辺機器は現行のUSB2.0や前の1.1で問題無し。)

外付けハードディスクなどで普及しそう
ただし既に eSATA という別の規格もあるので、競争になった場合にどうなるか・・ならないといいけど。  
用語辞典→「eSATA」

さらに別の規格が現れることも考えられます。
パソコンの周辺機器は、買うタイミングによって値段が変動するし、どれを選択するかがなかなか難しいなあと思います。

迷惑コメントやトラックバックをなんとかしてほしい 

迷惑メールみたいなコメントがつくので、
もうコメントは受け付けない設定にするかもしれません。
全部.oska.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jpから来てて、
アダルト系なので気分が悪いです。 すごく迷惑です。

もちろんIPアドレスでホストを拒否に設定するんですが
毎回変わる変数の部分が「*.」で指定できないせいで 弾けない。
固定アドレスだけ防いだってしょうがないじゃないか、ねえ。

本当にめんどくさい・・・

2008.10.18 追記
とりあえず「承認してから表示する」に切り替えます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。